読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

東京の原宿/表参道で美容師をしている楠本真澄のブログ。アッシュ系ブリーチなしカラー、ストレートパーマ系の技術に特化している。好きな言葉は「うんち」。予約専用LINE ID「masumi-kusumoto」

ラベンダーアッシュのグラデーションカラー!

 

ラベンダーアッシュとは、ラベンダーな香りがするアッシュ、ではありません。

 

こんばんは。

原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。

名前だけでも覚えて寝て下さい。

 

 

今日のカラーは、

 

ラベンダーアッシュのグラデーションカラー!

 

なのであります。

文字色、変えてみました。

 

さて、ラベンダーアッシュとはどういう髪色なのだろう。そこんところから今日は進めていきます。

 

ラベンダーとは、イメージの通り「紫」になります。

暖色系、つまり赤みの強い色味と思われがちですが、紫の色味は、実は寒色系でも暖色系でもない”間”の色。つまり、中間色ということ。

わかりやすくいえば、「和風パスタ」みたいな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかすみません。

 

ラベンダーという紫の色味。それが中間色ということは、暖色系にも寒色系にも合わせやすい色味ということですが、ちょっとカラーリングの世界ではやや意味合いが変わってきます。

 

ラベンダーを強めで染めた場合、やや暖色のイメージになります。

赤みをかなり帯びているからなのです。

 

アッシュが大好きなあなたにとって、赤みは天敵のようなもの。

 

「あんまり赤々しくはしたくない。だって私、アッシュが大好きなんだもん!でも、、、たまには違うアッシュにもしてみたい、、」

 

という方。そんな方に、ラベンダーアッシュがとてもオススメになります。

 

 

そして今回、そのラベンダーアッシュのグラデーションカラーになっております。

 

グラデーションカラーというのは、非常にデザイン性が強く、美容師一人一人の技術力にとても左右されやすいスタイルです。

 

グラデーションの入れ方、仕方、センス。

どのようなグラデーションが、かっこよくて可愛いのか。

周りがクラブでパリピになっている時も、周りがドラクエや海外ドラマで朝まで過ごしている時も、僕は1人、グラデーションのデザインを考えてきました。

 

そして、自己流のグラデーションの技術を手に入れ、今でも、そしてこれからも常に進化しており、最終的にはお尻を二つに割る、という目標が見えてきました。

 

 

そんな僕の、ラベンダーアッシュのグラデーションカラーがこちら。

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20161212155837j:image

 

んなァァァァァアアアア!!

 

若干逆光でツライですが、なんともいえない透明感があり、色の主張も強め。

 

ラベンダーアッシュは配合が少し難しく、ビフォアの髪の状態や髪質などによって変化させないと、紫が強く出てしまったり全く出てくれなかったりします。

 

基本僕は、あまり赤々しくしたくなく、ほんのりラベンダーをほのめかす程度のラベンダーアッシュが好きなのです。

したがって、ちょっとだけのラベンダー。

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20161212155837j:image

 

毛先までのグラデーションもラベンダーをほのめかしております。

 

ちなみに、アッシュのグラデーションよりも、色持ちが良い、というのも利点ですね。

 

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20161212155837j:image

 

よかったら、ぜひご参考下さいませ。

 

人気ブログランキング

 

メニュー&プライスはこちら
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161355


ご予約&アクセスはこちら
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161507