読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

東京の原宿/表参道で美容師をしている楠本真澄のブログ。アッシュ系ブリーチなしカラー、ストレートパーマ系の技術に特化している。好きな言葉は「うんち」。予約専用LINE ID「masumi-kusumoto」

アッシュ好き必見!ブリーチなしで出来る透明感アッシュのヘアカタログ!

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170313101603p:image

アッシュに染めたいけど、どうしたら綺麗に染まるの?ブリーチはやっぱり必要なの?自分でも染められるの?黒髪からでも出来るの?

 

今回、そんなアッシュ好きの悩めるあなたに、ブリーチなしで綺麗に染まる方法、そしてブリーチなしアッシュのヘアカタログをご紹介させていただきます。

わたくし、原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。アッシュ系カラーを日々研究、ご提供している美容師の1人。信念は「白シャツで、カレーうどんを思いっきり食べる」です。

 

ブリーチなしでアッシュカラーにするには。

いつの日か、あなたは胸をドキドキさせながらあのモデルさんのような、あの写真のような綺麗なアッシュに染めて欲しい!と美容師にお願いしたことがあるのではないだろうか?

しかし、残念ながら美容師からの返答は「これ、ブリーチしないと出せないですね。」だった。あなたはその瞬間、膝から崩れ落ち夜も眠れず最終的にお尻が二つに割れてしまったことだろう。

 

  • なぜアッシュにするにはブリーチが必要なのか?

 

我々日本人のもともとの地毛の髪色は、「黒」です。これは、メラニン色素というものが髪の中にたくさん存在し黒髪になっているのですが、基本的にヘアカラーをする際、このメラニン色素を削りながら色を入れていくことになります。

そして、この地毛の黒髪ですが、黒の色素の中にたくさんの赤みが存在します。

この赤みが、アッシュカラーをする際にアッシュに染まる邪魔をしまくるのです。

アッシュとは、ヘアカラーの世界で青色、または青灰色を指します。普通のアッシュを黒髪に施した場合、赤みの強さ、赤みの多さに負けて、普通の茶色いブラウン系の髪色になるのです。

  • そこで、ブリーチの登場!

ブリーチとは、先程言ったメラニン色素を一気に削りまくるもの。ただただ純粋に色素を削るための薬剤です。色は入りません。

ブリーチしたら髪が黄色っぽくなると思いますが、あれは黄色に染めているわけではなく、色素が抜けた結果の色。(ちなみに、数回ブリーチし色素を抜きまくったら、になります。)

 

邪魔な赤みを消して、その上からアッシュを入れると、アッシュを邪魔する要素はないので綺麗な透明感ある髪色になります。

なので、ブリーチをしないとアッシュに出来ない」ということに。

 

 

では、ブリーチしたくない人はアッシュに出来ないのか?

 

ブリーチをしたくない、出来ない、という方はとても多く、そのほとんどの理由が「傷み(ダメージ)」「印象が派手」「色落ちの速さ」です。あなたもきっと同じ理由ですよね?

ブリーチをしたら綺麗なアッシュに染まる。けれどそれ相応のデメリットも存在します。デメリット覚悟でブリーチをする方は良いと思いますが、あなたはブリーチしないでアッシュにしたいはず。ブリーチなしで綺麗なアッシュに出来るのか。そのことを考えに考え、合コンしてもそのことばかり考えていた僕は、ある答えに辿り着きました。

 

ブリーチしたアッシュにブリーチなしでするのは難しい。しかし、近づけることは出来る。

 

ブリーチをしていない髪は、必ず赤みが存在しています。まずこの赤みをどうにかしなければいけません。しかも、この赤みの量、種類は、一人一人必ず違います。赤みが濃い方もいれば薄い方もいるし、赤みが多い方もいれば少ない方もいます。

ですので、赤みを出来るだけ削りながら(抑えながら)アッシュを入れられるよう一人一人に合わせた薬剤選定が必要になります。

でも、ブリーチで赤み削ってないのに、どうやって赤みを消すの?抑えるの?と思いますよね?

結論から言うと、カラー剤の濃い色素を使って消していきます。

例えば、普通のアッシュのカラー剤が一本あります。この一本のアッシュをブリーチしていない髪に施したとしても、赤みが邪魔をし普通のブラウンになります。

ですので、赤みを消すことに優れた濃い色素が入ったカラー剤をミックスし、赤みを消しながらアッシュにしていくのです。

ちなみに、この濃い色素のカラー剤の種類や色味、ミックス比率は髪質に合わせて決めていきます。こういう髪質だから緑を使おう、赤みが多いから30%入れよう、となります。

このように薬剤選定、色味をミックスし適した選定をすることによって、ブリーチをしなくてもアッシュ系の色味を発色させることが出来るのです。

 

そして、はっきり言ってこれはご自身で、ご自宅でするセルフカラー(市販のカラー剤)では出来ません。というか、かなり難しいです。

市販のカラー剤で、赤みを抑える特殊な色味を濃く発色させるものはありません。それがないと、赤みを抑えながらアッシュを発色させることは出来ないからです。

我々プロは、技術、経験、知識、愛情、優しさを最大限活用し、お客様一人一人の髪質に合わせた薬剤を使用します。

 

そこで、僕が愛をもって施術させていただいたブリーチなしアッシュカラースタイルをご紹介させていただきます。

 

透明感が凄い!ブリーチなしアッシュカラーのヘアカタログ!

カラーレシピと解説も合わせてどうぞ。

(☆使用薬剤☆  「BA、Blue、Gray、LT、PV→アソートアリア©︎」 「A、MT、CB→プロマスターピグメント」 OX→過酸化水素水、OXAC→アルカリキャンセル過酸化水素水)

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170105154304j:image

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170105154357j:image

綺麗なブルージュカラーにブリーチなしで染めたお。 - (新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

カラーテーマは「ブリーチなしのブルージュカラー」

グレー感を強めに出したブルーベージュです。こちらのお客様のビフォアの状態、髪質は、8レベルの赤みを帯びたブラウン。

前回カラーは1ヶ月半前。赤みの多さは普通。髪が太く柔らかく見えないのが悩み。

  • 根元の地毛部分→6BA:8BA:CB5   1:2:20%   (OX4.5%)
  • 根元以外〜毛先→A8p:A7p:MT8p:CB5p   1:1:1:30%(OX 4%)

ドライ状態で塗布。全体的に赤みが残っていて赤みを消したいのとブルーとグレーを強く出すためにCB(びっくりするくらい濃い青)を大胆に配合。根元の地毛部分以外は微アルカリカラーでダメージを極限まで抑えながら施術。

 

  • グレージュ

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170313005017j:image

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170313005025j:image

ハンパない透明感。スモーキーグレージュカラーをブリーチなしで。 - (新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

カラーテーマは、「ブリーチなしのスモーキーなグレージュカラー」

こちらもグレーを強めに出したカラースタイル。ビフォアの状態、髪質は、10レベルの明るめのブラウン。

前回カラー2ヶ月前。赤み若干強めで、縮毛矯正の履歴あり。髪太めで多毛。彼氏とケンカ中。

  • 根元の地毛部分→6BA:8BA:CB5   1:1:10%(OX4.5%)
  • 根元以外〜毛先→A7p:MT7p:8Blue:8Gray   3:2:1:1    (OXAC3%)

毛先のみ濡らして塗布。縮毛矯正をしている髪の場合、思ったより色が濃く出てしまい暗く見えるので、処理剤を塗布してウエットにすることにより、色を濃く出ることを防ぐ。

明るめの濃いブルー(8Blue)を配合し、グレーを強く出すイメージで。

OXACを使いダメージを最小限に。

 

  • スモーキーアッシュ

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170313004102j:image

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170313004129j:image

透き通るようなスモーキーアッシュグレーカラーをブリーチなしで。 - (新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

カラーテーマは、「ブリーチなしのスモーキーアッシュカラー」

透明感を最大限に出したカラースタイル。ビフォアの状態、髪質は、12レベルのブラウン。

前回カラー1ヶ月前。髪は細いが赤みが強い。シンガポールが大好き。

  • 根元の地毛部分→8BA:CB5   5:1   (OX4.5%)
  • 根元以外〜毛先→A8p:MT7p:MT8p:CB5p   3:1:1:15%    (OX3%)

スモーキーな質感を出すためにモノトーン(MT)を多めに配合。しかし、赤みが強いのでブルーも多めに。月1ペースでご来店いただくので色落ちは気にしない。ドライ塗布。CBでグレーも強調しちゃう感じで。

 

  • ダークアッシュグレー

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170313005524j:image

暗めなアッシュグレーカラーをブリーチなしで。 - (新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

カラーテーマは、「ブリーチなしのダークアッシュグレーカラー」

暗めだけど透明感があるカラースタイル。あまり明るめに出来ない方や、暗めが好きだけど普通のダークブラウンは嫌な方にオススメ。ビフォアの状態、髪質は、8レベルのブラウン。赤み強めで、黄色味も強い。2ヶ月前にカラー。どちらかというと猫派。

  • 根元の地毛部分→6BA:CB5    2:1   (OX4.5%)
  • 根元以外〜毛先→A6p:6Gray:CB5p   2:1:1    (OX4.5%)

赤みを消しながらグレーとブルーを強めに。比較的どの髪質にも対応出来る暗めカラー。根元以外〜毛先の「OX4.5%」がポイント。普通毛先には3%や2%だが、暗めの濃いアッシュ系の場合、暗くなり過ぎて黒っぽく見える。暗めだけど透明感が欲しく、クリアな質感を求めるので4.5%で施術。

 

  • 明るめのアッシュカラー

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170105170854j:image

明るめアッシュの透明感カラー!ブリーチなしでも超絶アッシュ! - (新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

カラーテーマは、「ブリーチなしのハイトーンアッシュ」

結構難しめな施術事例。ビフォアの状態、髪質は、10レベルのブラウン。髪太めの赤み強め、ストレートパーマ履歴あり。明るくしながらアッシュを入れるのはまぁ難しいのですが、髪質を理解して薬剤選定をさせていただきました。

  • 根元〜中間→12BA:8Blue:CB5   1:10%:10%    (OX4.5%×1.5)
  • 中間〜毛先→14BA:12BA:8Blue:12LT   1:1:15%:20%   (OX6%×2)

ストレートをしているため明るくなり辛く色も赤っぽくなりがち。なのでクリア剤としてLTを使用。明るくしながらアッシュを入れることが出来たが、基本色落ちは早め。

 

  • ラベンダーアッシュ(ピンクアッシュ)

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170313005607j:image

 ハイトーンラベンダーアッシュをブリーチなしで。 - (新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

カラーテーマは、「ブリーチなしのラベンダーアッシュカラー」

やや紫、ピンクがかったアッシュカラーで、フェミニンな印象。ビフォアの状態、髪質は、12レベルのブラウン。

前回カラーは1ヶ月前。赤みは普通、黄色味もある。毛量はやや少なめ。喋り方おっとり。僕が言葉を噛んでも微笑んでくれる優しい子。

  • 根元の地毛部分→8BA:8PV   4:1    (OX4.5%)
  • 根元以外〜毛先→A9p:MT8p:P8p    3:1:1   (OX3%)

ドライ塗布。ラベンダーアッシュ、ピンクアッシュという名前ですが、ピンクの色素を入れるのはほんの少しで、基本アッシュベースで染めていきます。ピンクを入れ過ぎると赤みが増してブラウンっぽくなります。ブラウンになったら、アッシュじゃないのです。

 

  • シルバーアッシュ

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170313094350j:image

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170313094356j:image

ブリーチなしでも凄い透明感のシルバーアッシュカラー。 - (新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

カラーテーマは、「ブリーチなしのシルバーアッシュカラー」

ブリーチしたシルバーには程遠いですが、シルバーを出すことだけに注視したカラースタイル。難しめです。

ビフォアの状態、髪質は、9レベルのブラウン。髪太めの赤み強め。多毛ロング。毛先に縮毛矯正の履歴がある。前回カラーは2ヶ月前。お酒が一滴も飲めない。

  • 根元の地毛部分→6BA:8BA:CB5    1:2:10%    (OX4.5%)
  • 根元以外〜毛先→A8p:MT8p:8Blue:秘密    1:1:1:1   (OXAC3%)

シルバーを出すために髪質に合わせてBlueを入れなければいけないのですが、アッシュ、モノトーン、ブルーのバランスがすごく大事で難しい。あと、マル秘カラーも配合しており、これがシルバー系には必要です。しかし、これは極秘ということでお願いします。

 

 

他にも!

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170105220426j:image

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170105220812j:image

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20170105220827j:image

 

これらも全て、ブリーチなしで染めております。

 

  • まとめ

 

ブリーチなしでアッシュにするには、赤みを消せる、抑えれる色素をミックスしなければならない。そしてこれに正解はなく、一人一人の髪質に合わせたレシピが必要不可欠になります。ブリーチしてから染めたアッシュには敵わない、というのが現状ですが、ブリーチのデメリットを考えダメージレスでアッシュにしたい方は、ぜひご参考いただけると幸いです。

 

メニュー&プライスはこちら
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161355


ご予約&アクセスはこちら
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161507

 

人気ブログランキング

 

*当ブログでは、様々なアッシュ系カラースタイルを写真付きでご紹介させていただいております。そちらもよかったら合わせてご参考ください。

 

シルバーアッシュのブリーチなし外国人風カラースタイル! - (新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

ブリーチなしでラベンダーアッシュグレーにしたお。 - (新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

ブリーチなしのグラデーションカラーの、強めアッシュやで。 - (新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ