読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

東京の原宿/表参道で美容師をしている楠本真澄のブログ。アッシュ系ブリーチなしカラー、ストレートパーマ系の技術に特化している。好きな言葉は「うんち」。予約専用LINE ID「masumi-kusumoto」

シルバーアッシュのグラデーションカラーやで。

 

 

こんばんは。

原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。

 

今日スーパームーンってやつらしいですね。

見たいな。見てみてたいな。

とお客様と話していたら、ただいま絶賛土砂降り中です。

 

そんな日があっても、いいじゃないか。

 

 

 

 

今日のカラースタイルは、シルバニアファミ、いやミスった、シルバーアッシュのグラデーションカラーでございます。

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20161114224643j:image

 

 

見よ。この透き通ったシルバニアアッシュを。

いや、シルバーアッシュを。

 

とてもとても美しいグラデーションから成るカラースタイルなのだ。

 

 

今日は特別に、ナイスなシルバーアッシュのグラデーションカラーの作り方を勝手にご紹介しちゃいましょう。

 

題して、「勝手にやってろ俺氏クッキング〜クックパッドには載せないよ〜」です。

 

 

 

 

用意するもの。

 

  • ブリーチ剤      適量
  • カラー用ラップ      適量
  • 俺氏オリジナルシルバーアッシュ    適量
  • シルバニアファミリー     全員
  • シャンプー     適量
  • トリートメント    適量
  • アイロン        34mm1本
  • おやつ           300円まで
  • ドライヤー     一つ
  • 夢と希望          5ページ
  • やかん          1個
  • 校長の話        48分

 

 

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20161114224643j:image

 

 

まず、ブリーチ剤を使い、毛先を脱色してグラデーションを作っていきます。

この時かなり重要なことがあります。

必ず、境目をパックりさせないこと。だ。

グラデーションカラーをするうえで1番ダサいのが、境目がしっかり出来ており、ツートンカラーみたいになっていることです。ダサいです。

境目を全く作らず、自然に繋がっているようにしなければいけません。

 

ブリーチ剤を使い綺麗にグラデーションのベースを塗り終えたら、カラー用ラップでふんわり包みこみましょう。この時、MISIAの「つつみこむように」を歌いながらすると綺麗に出来ますが、歌わなくてもぶっちゃけ出来ます。

 

この時、暇を持て余しているお客様におやつを渡しましょう。ただし、基本バナナはおやつに入りませんのでご了承下さい。

 

ブリーチが作用し綺麗に脱色出来ていたら、シャンプーを使い洗い流しましょう。

そして、綺麗に洗い流した後、俺氏オリジナルのシルバーアッシュを丁寧に塗布します。

もちろんここでも、グラデーションを意識して、境目が出来ないようにしていきましょう。

 

塗布し終えたら、やかんを使ってお湯を作りましょう。

沸騰したら、静かにシンクの中に捨てましょう。

この時、「なんでお湯を沸かしたんだろう」とか一切考えないように。

 

また、シルバニアファミリーに関しては全く使わないので全員棚とかに飾っておきましょう。

 

時間を置き、綺麗なシルバーアッシュのグラデーションになっていることを確認したら、シャンプーで洗い流しトリートメントで仕上げます。

 

この時、5ページに書き連ねた夢と希望を黙読しましょう。

お客様から「いや、音読せな。」とツッコミをもらう頃に、ドライヤーで乾かし始め、アイロンでふんわりとした巻き髪に仕上げます。

 

仕上げてる最中に、校長の話を48分聞き、48分も聞いてられないので2分聞いたら前後のクラスメイトとおしゃべりしましょう。

 

すると、シルバーアッシュのグラデーションカラーが完成します。

 

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20161114224643j:image

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

そして、本当に申し訳ありませんでした。

 

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20161114224643j:image

 美しい、、、、

 

 よろしかったら、ご参考ください。

 

人気ブログランキング

 

メニュー&プライスはこちら
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161355


ご予約&アクセスはこちら
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161507