読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(新)美容師楠本真澄のパパパナいブログ

東京の原宿/表参道で美容師をしている楠本真澄のブログ。アッシュ系ブリーチなしカラー、ストレートパーマ系の技術に特化している。好きな言葉は「うんち」。予約専用LINE ID「masumi-kusumoto」

ブリーチなしのちょっとマットな明るめのアッシュカラー。

 

 

 

マットなアッシュって、素敵ですよね。

 

こんにちは。

原宿、表参道で美容師をしている楠本真澄です。

 

早口言葉をゆっくり言っても危ういことで有名です。

 

 

本日のカラーテーマは、

 

ブリーチなしでちょっとマットで明るめなアッシュカラーに染めよう!

 

なのです。

 

究極です。ちょっとマットで明るめなアッシュを、、、ブリーチなしで、、?

 

よーし。はりきってご紹介したいと思うのですが、ちょっとその前に聞いてよ。

 

僕個人の特技として、「1人でいる時に道を聞かれやすい」というのがあります。

 

たまたま頻繁に道を聞かれる週があって、僕のどこを見て道を知ってると確信したのだろう?と眠れないほど悩んだ時もありました。

グーグルマップとか知らないのかな?

ただ、たまたまその道とか行き先の場所を知ってるっていう偶然。

話しかけられた瞬間は、ちょっとびっくりしますが、場所がわかるもんだからチョレーチョレー思いながら行き方を説明させていただくわけですが、いやーこの前はさすがの僕もビビったんですけど、まさかの外国人の方で。

 

あんまり混雑していないところで僕は人を待ってて、外国人の方2人がなにやら迷っている様子。ちょいちょい目も合います。

聞いてる感じかなりの英語で、中2で英語をいさぎよく諦めた僕にはあまりにも荷が重いかな、と思ってハンターハンターでの念能力の種類で「絶」というものを使いました。

フィンクスもパクノダも顔負けの絶を。

 

結論、そんな甘くなかった。

びっくりするくらい簡単に見破られて話しかけられたんですけど、いかんせん僕の英語力はポケモンでいうとキャタピーレベル。

そして滑舌の残念さも重なってしまうので、つまりやばいです。

なぜに僕をチョイス、、、?と思いながら、とりあえず場所を聞いてみたら、それがまぁ、まさかの人の家。

心の中で僕は「だっれっ!」と叫びました。朔太郎にだって負けないくらい、心の中心で叫びました。

とにかく、知らないことを伝えないといけないと思い、頭の中をフル回転させ、「アイ、ノウ、ディス、ハウス!」を絞り出し、困った顔で繰り返しましたが、なにやら、言う度にあっちのテンションが上がるという不可解なことに。

「アンビリィバボー!」「フレェンド!?」

と。

僕は、なんて諦めが悪い奴らだ、と思いました。スラムダンク安西先生の言葉崇拝してんなこいつら、と思いました。

 

 

いやー、あれでしたねー。「ドント」が抜けてましたねー。いやー、しまったー。うっかりうっかり。

ソーリーソーリー言いながら、「アイ、ドント、ノウ、ディス、ハウス!」と言ったら、すごく小さな声で「リアリー?」と聞かれまして、負けじと小さな声で、「リアリー、、、」と答えました。

 

そして、お互い切ない笑顔で握手して、別れました。

 

いやー、英語って、多少話せるに越したことないですね、本当に。

お客様に、「ドントとかノットを忘れるということは、小学生レベルでもなかなかないです( ^ω^ )」と言われ、ショックでうんち漏れました。

 

 

 

てゆうか、本題を語る前にここまで話しが伸びてしまい申し訳ありません。

 

あれです。ヘアカラーの話です。

 

ブリーチをしないで、ちょいマットなアッシュです。

 

とくとご覧あれ。

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20160825230046j:image

 

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20160825230053j:image

 

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20160825230059j:image

 

 

ンフォフォフォー。

 

いいですね。今にも飛び立ちそうな柔らかな透明感。

脳内で「旅立ちの日に」を再生しながら染めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘です。

 

 

 

f:id:masumi-k-biyoushi00:20160825230046j:image

 

 

 

こんなに感じが好きな方は、ぜひご参考下さいませ。

 

 人気ブログランキング


メニュー&プライスはこちら
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161355


ご予約&アクセスはこちら
http://masumi-k-biyoushi00.hatenablog.com/entry/2016/08/30/161507